脱毛サロンの種類

 

脱毛にはいくつかの種類があります。

 

「脱毛」とひとことで言っても、脱毛サロン等で受けれる脱毛方法の種類はいくつかあります。

 

ムダ毛の自己処理って女性の多くは一度は経験したことがあると思いますが、カミソリで剃る、脱毛クリームで除毛、脱毛ワックスで除毛、毛抜きで抜く、家庭用脱毛器を使うなど、自己処理にもいろいろな方法があります。

 

 

自己処理はいつでも簡単にでき脱毛サロンに通うのと比べると安く脱毛・除毛できますが、肌トラブルになったり、お肌にダメージを受けやすいので、美肌を保つためにも脱毛サロンやクリニックでプロに脱毛してもらう方が安心できます。

 

 

そして、脱毛の種類によって効果や痛みなども違ってきます。

 

 

こちらでは、主な脱毛方法(光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛)について説明します。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)

 

光脱毛は脱毛サロンや総合エステなどで主流になっている脱毛方法です。
カメラのストロボのような光をあてて、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えていく脱毛法です。

 

レーザー脱毛と比べると光の強さが弱く、痛みもほとんど感じない脱毛です。

 

 

ムダ毛の黒い部分に反応して毛乳頭の発育を抑えることで、少しずつムダ毛が目立たなくなってきます。
毛根組織を破壊するものではないので、お肌にやさしい脱毛方法とも言われています。

 

 

お肌にやさしい反面、永久脱毛ではないのでしばらくしたらまた毛が生えてくることもありますが、以前のような自己処理が必要ないぐらいまでにはムダ毛は薄くなります。

 

レーザー脱毛と同じようにメラミンに反応するので、黒くて太い毛の脱毛に適しています。

 

同じ光脱毛でも、サロンによって使用する脱毛マシンが違っていたり、光の種類やジェルの種類の違いなどによって、いくつかに分かれています。光脱毛(フラッシュ脱毛)で人気なのは、S.S.C.脱毛、IPL脱毛などです。

 

◎ SSC脱毛について

 

イタリアで研究開発された「スムーススキンコントロールメソッド」という理論に基づいた脱毛法で、美肌効果もあります。
独自開発された美白成分&抑毛成分が含まれたビーンズジェルの上からクリプトンライトという光をあてて、光とジェルの相乗効果で刺激のない美白制毛ができます。
通常の光脱毛と比べてもほとんど痛みを感じなく、毛根とお肌に直接的ダメージも与えません。
S.S.C.脱毛を最初に取り入れたミュゼでは、仕上げのトリートメントにはうるおい美肌成分入りのミルクローションを使って美肌効果を高めます。

 

◎ IPL脱毛について

 

「インテンス・バルス・ライト」という脱毛法で、特殊な光を使用します。
痛みが少なく1回の照射範囲が広いので広範囲のムダ毛処理を短時間でできます。
波長が幅広いので部位によって毛の太さが違うさまざまなムダ毛に対応できるので、全身の脱毛に適しています。
美肌効果が高いことで人気の銀座カラーでは、施術前には美肌効果と脱毛効果を高める保湿ローション、施術後には6種類の美容成分配合の保湿ミストシャワーを使うので、潤いのある肌荒れしにくいお肌になれます。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)の主な特長

 

 痛みがすくなく、施術時間が短くて済む
 医療脱毛より料金が安く、格安プランも多数
 一度に広範囲の脱毛が可能
 ほくろがある場所では脱毛できない
 黒い色素に反応するので、うぶ毛や色の薄い毛、日焼けした肌では脱毛できないこともある
 施術者のレベルによって効果の違いが出てしまう
 長期間何回も通っても、医療クリニックでのレーザー脱毛より効果は低い

 

医療脱毛(レーザー脱毛)

 

皮膚の表面(毛乳頭)にメラニン色素に反応するレーザー光を照射して、熱によって毛母細胞、毛乳頭を破壊して永久脱毛する方法です。

 

 

レーザー脱毛は医療行為なので、脱毛サロンやエステでは施術できず、皮膚科や美容外科(美容クリニック)のみでの施術となります。

 

 

毛根を焼き切るので脱毛効果が高いのですが、痛みが伴うので信用できるクリニックなどを選ぶことが大切です。

 

 

以前ほど高額ではありませんが、それでも脱毛サロンなどと比べるとやはりまだまだ料金的には高いのが現状です。

 

脱毛サロンは最近あちこちにオープンしていて自分の都合のいい店舗を選べるようになっていますが、医療クリニックはサロンよりも店舗数が少なく、終了時間が早かったり土日祝がお休みだったりすることも多いので、仕事が忙しい女性などはなかなか通えないなどの問題もあります。 ただし、新宿は医療レーザ脱毛のメッカなのでよいクリニックが多数あります。

 

 

医療脱毛(レーザー脱毛)の主な特長

 

 光の出力が強いので痛みがある
 光脱毛と比べると効果が出てくるのが早い
 通院回数がサロンやエステより少なくて済む
 一度に広範囲の脱毛が可能
 レーザーの熱でやけどのような状態になることがある
 黒い色素に反応するので、白髪やうぶ毛には効果がないこともある

 

 

毛深い人にオススメできる、評判のよい医療レーザークリニック

 

ニードル脱毛(電気脱毛)

 

ひと昔前までは、脱毛と言えばニードル脱毛が主流でした。

 

 

毛穴1つ1つに絶縁処理した特殊な細い針を刺して、針に微弱の電気を流して毛乳頭を電気破壊する方法です。
針を1つ1つ差し込むことでかなり時間がかかるのと、かなりの痛みが伴います。

 

 

料金が高いこともあって、最近ではニードル脱毛をするところは少なくなってきました。。

 

 

完璧な永久脱毛に近い脱毛効果はあるものの、脱毛が完了するまでには時間がかかったり費用も高くなるうえ強い痛みが伴うので、最近はやりの気軽な脱毛とはほど遠いでしょう。

 

 

ニードル脱毛(電気脱毛)の主な特長

 

 毛の再生率が低いので完全脱毛に近い
 色素沈着している部位でも脱毛できる
 広範囲ではなく部分的な脱毛に効果的
 強い痛みがある
 施術者のレベルによって違ってくる
 やけどや色素沈着を引き起こす危険がある
 手間がかかるので料金が高額になる
 レーザー脱毛ではできない部分も脱毛できるので併用する人もいる